のらりくらりと今日も

のらりくらりと今日も

借金をしたら後から大変な思いをすることになる

自分は元々借金はしない人でした。

 

ですが、ある時借金をすることになってしまいました。

 

その理由は、街中を歩いていたら絵画の営業をしている人がいて、その人に釣られてみるだけならと一緒にギャラリーに入ってしまったことが始りです。
初めは買うつもりなんてなかったのですが、話をしているうちに買ってもいいかなと思い、買ってしまいました。
その額は100万円でした。

 

 

自分は仕事をしていたのですが、ローンを組んで支払っていくのはもったいなく思い、親からお金を借りることにしたのです。

 

一括で100万円支払い、後は親に返せばいいだけでした。
しかし、その後に結婚をして子供も出来て、アコムから過払い請求
せざるえなくなってしまいました。

 

 

少しずつは返しているものの、長年返し終わっていないので、親も態度が変わってきました。
当然と言えば当然です。
今は、自分が難病でまともに仕事が出来ず、給料もないので、奥さんが働いてそこから返しています。
家のローンや子供の学費、光熱費、色んなものにかかるので、借金だけをまとめて返すのは不可能になってしまいました。

 

 

ですが、最近では、自分も何とかお金にして、少し多めに返すようにはしていますが、それでも大変な毎日を送っています。
今考えるのは、なぜあのときに絵画なんて興味がないものを買ってしまったのだろうと、後悔ばかりです。
借金をしてまで買うようなものではありませんでしたし、こんなに大変なことになるならば、借金なんてするんじゃなかったとは思いますが、あそこで借金をして絵画のお金を一括で返済していなければ、利息やらでもっと大変な思いをしていたと思っています。

初めての日本信販過払いは思ったよりもスムーズでした

借金というと、かなり手続きなどが面倒で、なかなかすぐにはできないものだとばかり思っていました。

 

しかし、初めて借金をした時には、そういった想像をしていたようなわずらわしさを感じる事はありませんでした。私の利用した方法はカードローンでのキャッシングだったのですが、このカードローンキャッシングというものは気軽にできると確かに利用をする前から聞いてはいました。しかし、まさかここまでとは思っていませんでしたね。

 

私が実際に借金をするまでに踏んだ手順は、申し込み、審査、本人確認、在籍確認、契約、融資というものでした。

 

これらを全てネットでのやりとりだけで完了できたので、そこも驚きのポイントの一つでした。このスムーズな手続きは私としては嬉しかったのですが、なんとなく借金をしているという感覚がわきにくいというのが怖くも感じました。私は一時の金欠で、その月だけを乗り越える事ができればそれでよかったのですが、この気軽さだとどんどんをお金を借りてしまいそうで、少し注意をしなくてはいけないとは思いました。

 

日本信販過払いを取り戻す!専サポ
http://xn--n8jzb8h5a8n6i515tixnugnkhao737b.com/

 

 

現在は無事にこのキャッシングのおかげで難なく生活をする事ができていますが、まだ返済は残っています。額がそこまで大きくはありませんから、今月か来月には返す事ができそうです。

 

にしても利息って結構返済の上では負担になりますから、やはり気軽に借りる事ができても、この利息の事や返済の事を思えば、無計画は怖いと思いました。

学生時代借金の経験について

わたしは学生時代、一人暮らしで親からの仕送りをもらっていました。

 

さらに体育会系の部活動に所属していたので遠征費用や用具の費用についてはアルバイトでまかなうという生活でした。

 

もちろん、楽ではなかったですが。
しかし、大学4年生の時はさすがにきつかったです。
就職活動の費用までも親に出してもらっていたのでさすがに内定が出た後、最後の部活動の遠征に行く費用をアルバイトで稼ぐことはできないタイミングになっていたのです。

 

実際に遠征費用は10万円以上かかってきます。
しかし、さすがに大学最後の遠征に行かないことも想定出来ず。

 

ここで人生初めての借金をすることになりました。
といっても当時付き合っていたすでに就職していた彼女からです。
もともと、大学は違えど同じ部活動をしていたので私に対する理解はありました。
しかし、先方も入社1年目です。
それほど資金に余裕があるわけではありませんでした。
そんな中、10万円を借りることにはかなり抵抗がありました。

 

しかし、両親には言い出せない以上、プロミスからの過払い請求をする状況になってしまったのです。
彼女も資金繰りは厳しかったと思いますが快く貸してくれました。
そのおかげで大学最後の遠征も行くことが出来ました。

 

実は今の家内がその彼女なのですが今でもあの借金のことを二人で話題にあげることがあります。
彼女もあの時のことが非常に印象的で、わたしのばつの悪い表情が今でも忘れられないということです。
もちろん、就職前にはきちんと返済しました。

家が高い理由が分かりました

 

今住んでいる家を建てる前に、住宅展示場巡りをしました。

 

訪れたハウスメーカーから、手厚い接待を受けることもしばしばありました。

 

例えば、とあるハウスメーカーは、自社工場への見学旅行に連れて行ってくれた上、とっても美味しい上等なお弁当をお昼に出してくれました。

 

もちろん、お茶と一緒にです。

 

 

そして解散場所に到着すると、これから夕飯を作るのは大変だろうという計らいからか、握りずしの詰め合わせを持たせてくれたのです。

 

 

私は痒いところに手の届くサービスに感激しました。

 

もちろん、家に付いてから夕飯の準備はみそ汁のみで、そのお寿司を美味しく頂きました。

 

また別のハウスメーカーは、建築中の住宅を見学させてくれました。

 

夏の暑い日だったので、パンチすると冷たくなる保冷剤を用意してくれていました。

 

そしてお昼ご飯を食べに、中華料理屋さんに連れて行ってくれたのですが、そこのエビチリがとても美味しかったのを今でも覚えています。

 

そして帰りには、スパゲティーの乾麺をなんと各家庭に1キロ分も持たせてくれたのです。

 

これだけのサービスをするにはお金がかかります。「だから家って高いのか」と思いました。

 

ちなみに我が家は、上記どちらのハウスメーカーに家の建築を頼むことはなく、他の所にお願いしました。

不倫調査は探偵の仕事?

 

探偵の一番の仕事の割合は、浮気調査・不倫調査だと言われています。

 

不倫だったら、離婚なりなんなりで重要だとは思いますが、浮気調査は……。探偵を雇うのは安いものでは決してありません。

 

平気でうん十万円飛んでいく世界です。それでも、そこまで執念深く相手に思い入れがあるのであれば、いっそのこと眼をつぶるほうがいいんじゃないかな、と思います。

 

探偵が花形職業というのは、あくまでも空想だけのお話。

 

現実にはこんなものらしいです。給料の方も決していいとはいえないそうですし、業務員への給料の未払いなんかの問題も起こりえるとのこと。

 

 それでも、不倫調査の場合、もしも証拠を得ることができたのならば、調査にかかった費用は殆どの場合において取り戻せることでしょう。

 

慰謝料を、夫(妻)、そして不倫相手の第三者に請求できるわけですから。どうしても疑いが晴れず、これ以上一緒にいるのが辛い、となったならば、探偵にお願いしてみるのもいいのではないでしょうか。

男の夢って・・・

10歳以上年の離れた女性と結婚したり、恋人にコスプレをさせるのは男のロマンだよ、とか言われても意味がわかりませんよね。
他にも、高い車を乗り回すのは男の夢、なんて話も聞きますが現実主義の女性にはどうでも良いと思える話なのではないでしょうか。
男性からしたらくだらないことが女性にとっては大事なように、男性にとってのロマンや夢を語られても女性にはつまらないと感じることが多いようです。
我が家も例をみず、旦那の言っているロマンが理解できないので、いつも適当に受け流しています(笑)
皆さんのおたくの旦那さんはどんな感じなのでしょうか。
男性によって、夢とかロマンは違いますが、女性からみたらムダだとか理解しがたいと思うところは全国共通ですよね。
それが周りに迷惑をかけるものでなければ良いのですが、お金がかかる趣味になったりすると、どうしたものかなぁと思ってしまいます。
少しくらいは理解してあげたいとは思いますが、タダでできることでお願いしたいのが本音だったりします。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ